FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピクルスは2種類ある

ご無沙汰しております、ささきです。

長らくお店を空けていたのですが
全部が全部お暇を頂いていたわけではありません。
社内研修に参加していたのです。


そこで、20人分の昼ごはんを用意するという
ちょっとした仕事がありました。
弊社はパンの会社ですので
仕出し弁当を取るわけにはいきません。
パンと一緒に
安価でおいしいおかずを用意せねばということで
ピクルスを仕込んでいくことにしたのです。
20人分のピクルスとパンを抱えて研修会場まで向かう姿は
さながら給食のおばちゃんみたいで
ちょっとヨカッタです。


それはともかく
ピクルスを2種類仕込んでいきました。
2種類というのは野菜の種類ではありません。
『発酵しているピクルス』『発酵していないピクルス』です。

以前ピクルスについての記事を書いたのですが
あちらは『発酵していないピクルス』です。
ビネガー液に野菜を漬けるタイプで、ごく一般的に知られているものだと思います。

もう一方の『発酵しているピクルス』というのは
私も最近知ったのですが
塩水に漬けて乳酸菌発酵させて作るピクルスなのです。
塩に漬けて脱水し、雑菌の繁殖しない状態で野菜の乳酸菌発酵を促すわけですね。
小難しいですが、日本の白菜漬けやザワークラウトと同じです。
あれらも塩をもみこんで置いておくことで
酸味がしっかり出ますよね。
あの酸味が、乳酸菌の働きなのです。
ラクトバチルスとかエンテロコッカスとかそんな奴らが(乳酸菌)働いて
酸味や旨みをつくるのです。
ワンダホゥ。


ヨーロッパでは、むしろこの発酵ピクルスが主流のようです。
特に寒い地域で多いようですね。

コレが、自宅で漬けたもの↓

piku.jpg


沸騰させた3%食塩水にハーブ・スパイスをたくさん入れて
キュウリを入れて常温で1週間近く置いたものです。
今の季節ですと、4~5日置くと瓶の中で泡がふつふつ出てきます。

コレと、ビネガー液に漬けたピクルスを
昼ごはんに持って行きました。
(もちろんパンとピクルスだけでなく、ハムやサーモンなども用意しましたよ!)

pikupiku.jpg


発酵したピクルスというのを知らなかった人がたくさんいて
興味深そうにしていました。
ライ麦パンやうちのシュタインメッツブロートとも、とても相性が良かったです。
ヨーロッパの保存食、常備菜は本当におもしろいです。

夏に採れる沢山の野菜で
発酵ピクルス、皆さまもゼヒ。


ささき



スポンサーサイト

| 〇〇さえあれば | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作りチーズさえあれば

牛乳をあっためて、酢を入れてぐるぐるしたらできる簡単なチーズ
せっかくなので、いくつかおいしい食べ方をご紹介します。


マルゲリータ風トースト

maruge.jpg

作り置きのトマトソースに
チーズを乗せてトーストする、だけ!

トマトソースはトマトの水煮缶で刻んだ玉ねぎ、ローズマリー、塩少々を煮込んで
トロリと水分を飛ばしたものです。
冷蔵庫にあるとコレも便利。
このトマトソースをパンに塗って
チーズを乗せて焼いています。
このチーズは、焼くとまたトロっと伸びて
モッツァレラチーズによく似た感じになるのです。
なんちゃってマルゲリータです。
オリーブオイルをまわしかけるとさらにそれっぽいですね。



スープカレーと一緒に

curry.jpg

カレーはごはんと食べるもの、なんて概念に縛られていたら楽しくありません。
パンと食べてもオツなものです。
カレーパンだってあるじゃないですか。

屁理屈はおいておいて、スパイスとハーブの調合次第では
パンと食べても十分おいしいカレーができます。
カレーは専門ではないのでレシピは濁すとして
今日のカレーは具をオリーブオイルとフェンネルとクミンとコリアンダーとカレー粉で炒めています。
そしてローリエを入れて煮込んだオニオンスープに入れてます。
トマト缶も入れてます。
ほら、なんとなくパンと相性が良さそうでしょう。

本題はチーズなので
このカレーにチーズを入れても、とてもおいしいです。
コ〇イチとか、ゴー〇ーカレーとかでも
チーズのトッピングがあるのですから
カレーとチーズの相性の良さは周知のことと思います。
パンでチーズをすくって食べたりしても、またおいしい。
熱が加わると、だんだんトロっとなって伸びてくるのが
とても可愛いです。チーズ。


なお、このチーズは日持ちしません。
作ったらなるべく早めにお召し上がりください。

個人的には出来たてが一番おいしい気がしています。
その都度作るのも苦にならないくらい、簡単ですよ。


ささき


にほんブログ村 グルメブログ パン屋へ
にほんブログ村

パン・サンドイッチ ブログランキングへ

| 〇〇さえあれば | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節の果物があれば

昨日ご近所の方から
金柑をたくさん頂きました。


さてこれは、パンに合わせるにはどうしようかと考えて
ジャムか、コンポートか、などなど考えていたのですが

せっかくなのでパン屋らしい(?)ものを。


IMG_2646.jpg


金柑のローストです。


料理上手な友人が以前作っていたのを参考にしたのですが
金柑の甘露煮を、低温でじっくりローストしたもの。


作り方は簡単。
種を取り除いて、重量の20%くらい?のグラニュー糖と白ワインで
金柑を柔らかくなるまで軽く煮て

IMG_2639.jpg

(この時点でおいしい甘露煮です。これもまた、パンと合わせる料理に使えます。)



IMG_2644.jpg


オーブンで、弱火で30~40分焼くだけ。
(焦がさないように注意)



季節の果物は、そのままでも当然おいしいですが
こんな風にローストしたら保存がきいてしばらく楽しめます。
果実のおいしさがぎゅっと凝縮して、お菓子作りやお料理にも転用がきくので便利です。

ジャムとはまた違うおいしさが楽しめますよ。

(以前も別の果物で同じような記事を書いたような‥)



せっかくなのでこれをさらにアレンジして


IMG_2649.jpg


金柑のクリームチーズのディップを作って
金柑を添えてみました。


金柑のディップは、クリームチーズに少量の砂糖と
粗く刻んだロースト金柑を混ぜるだけ。
ビニール袋に材料を全て入れて、手で揉みほぐすと簡単です。



今日いらっしゃったお客様には、夕方少し試食してみて頂きました。

「焼いた金柑‥」と驚いてらっしゃいましたが、気に入って頂けた気がします。



あと、ぜひ試したいのが
うちの厚切りローストポークに添えてみること。

グーグルで『金柑』『ロースト』と検索したら
ローストポークの金柑添え、いっぱい出てくるんですよ。

ロースト金柑をちょっと刻んで一緒にサンドイッチにしたり
サラダにしたりと
ローストポークを爽やかに食べられるアイデアだと思います。
春らしい味わいになるのではないでしょうか。



長くなったので今日はこの辺で‥
ぜひ、金柑のローストお試しください。



ささき




にほんブログ村 グルメブログ パン屋へ
にほんブログ村

パン・サンドイッチ ブログランキングへ

| 〇〇さえあれば | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしいコーヒーさえあれば

おいしいコーヒーさえあれば、パンがおいしい。

朝食はそれだけで、けっこう贅沢です。



IMG_2625.jpg




コーヒーを、ミルで挽いてハンドドリップで淹れてみたことはあるでしょうか。

挽きたて、淹れたては
ちょっとインスタントのコーヒーとは違います。
上等とか、上質とかそんなものではありません。
本当のコーヒーの香りが、多分しています。


コーヒーを淹れるというのは
慣れたらとても楽しいです。


IMG_2626.jpg


うちにあるのは、こんなミル。
これで豆を10~20g(1人分)入れて、ガリガリ挽きます。
その時点でかなりいい匂いです。

ミルなんか持ってないよ!て方は
コーヒー屋さんで豆を挽いてもらうと良いと思います。
でもコーヒーも、実は鮮度が大事で
挽いてしまうとホントに少しの時間で風味が落ちてしまいます。
もしもコーヒーにハマったら、ミルを購入してみるのがベター。
2000円くらいから売っています。


豆を挽いたら、ドリッパーに。
真ん中にお湯を注いでいきます。
新鮮な豆だと、よく膨らみます。
ここからさらに、いい匂いに。

IMG_2627.jpg



ゆっくりゆっくり湯を注いで
少しずつカップに落としていって(数人分落としたかったらコーヒーサーバーに)
カップ1杯分落としたらドリッパーを外します。


時間は、10分くらいのものでしょうか。

いつもより10分早く目が覚めたときに
布団から出たくない気持ちをおして、お湯に火をかけて
コーヒー豆をガリガリ挽いて
パンをトースターに放りこんで、コーヒーを淹れれば
コーヒーとパンの焼ける香りで、素敵な匂いの朝になります。


そろそろこの国でも
コーヒーとパンの朝食が定番になれそうな気がします。


もちはもち屋に ということで

コーヒーはコーヒー屋に
パンはパン屋に

それぞれおいしいものをぜひ求めに行ってみてください。



ささき



にほんブログ村 グルメブログ パン屋へ
にほんブログ村

パン・サンドイッチ ブログランキングへ

| 〇〇さえあれば | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリーブオイルさえあれば②

オリーブオイルさえあれば

こんなことも。


IMG_2502.jpg


マッシュルームのオイル煮です。

ちょっと画像が暗いですね‥



マッシュルームは
新鮮なものはぜひサラダで。
生でも食べられます。
ぜひオリーブオイルと塩と胡椒でどうぞ。


時間がたつと、だんだんと軸の部分が伸びて
かさが開いてきます。
収穫されても伸びてくるんです。
すごい強い植物。

そうしてかさが開いてきたら
次は火を通して食べます。
マッシュルームは旨み成分グルコサミンがとっても豊富らしいです。
煮ても焼いてもおいしく食べられます。



たっぷりあるなぁ、どうしようかなぁてときは
ぜひオイル煮を作っておいてみてください。

これもオイルサーディンのように
オイルで揚げるのではなく、煮るイメージで。
ごく弱火で火が通るまで、10~15分煮ていきます。

日持ちもしますし
オイルともどもパスタやスープにも使えます。
ペーストにしても、おいしいパンのお供に。


常備菜、おすすめです。



ささき



にほんブログ村 グルメブログ パン屋へ
にほんブログ村

パン・サンドイッチ ブログランキングへ

| 〇〇さえあれば | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。