PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シュタインメッツのパンを食べる教室レポ① ~朝食編 和ピクルスさえあれば~

遅くなりましたが、3/20のパンを食べる教室のレポートお伝えします。

写真を整理していたら手間取ってしまい‥
というか実は、当日バタバタ忙しすぎてあんまり写真が残っていませんでした!

しょうがないので文章とイマジネーションで
よろしくお願いいたします(_ _)


o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o


IMG_3094.jpg


朝のメニュー

o 柚子味噌とライ麦パン
o 和ピクルス


使用したパン:ロッゲンミッシュブロートとゾネンブルーメンブロート


朝一番の食事は、バタバタと忙しい時のなかで
さっと準備できる、常備菜とディップ。
地味なんだけど、じわりと身体を目覚めさせるような、和のメニューです。
パンに和食‥?
これが、ライ麦パンにはよく合うのですよ。

2回に分けて、レシピをご紹介いたします。
嘘だと思ったら、ぜひ試してみてくださいね。
(写真は‥ピクルスのみ!残念!)


和ピクルス

以前ご紹介したピクルスの記事でも書きましたが
ピクルスは、とてもパンと相性の良い食べ物です。
常備菜として漬けておいて、パンに添えてもいいし、サンドイッチにはさんでも良し。
今回は、どこかホッとするような味わいの
和風ピクルスを作ってみました。

基本のピクルス液の作り方はコチラ↓

------------------------------------------------

酢 200cc
水 450cc
砂糖 70~80g
塩 15~20g

おすきなハーブ (ローリエ、ローズマリー、ディル‥)
おすきなスパイス (胡椒、コリアンダー、鷹の爪、マスタードシード‥)

------------------------------------------------

o これらを鍋で煮立てて冷ましたものが、基本のピクルス液になります。
  今回はここに 昆布 干し椎茸 柚子の皮 を加えて
 和風に仕上げています。
o 漬けた野菜は、人参 ふき レンコン ゴボウ の4種類。
レンコンは皮を剥いて、ふきは筋を取り、ごぼうと人参は皮をよく洗って
  それぞれ一口大の大きさにカットして、酢水に漬けてアクをとります。
o 鍋に湯を沸かして塩をひとつかみ加え、野菜を軽くボイルします。
  完全に火が通らなくて大丈夫なので、30秒程度。ゴボウは気持ち長めが良いです。
o 水気をよく拭きとって、野菜が熱いうちによく冷ましておいたピクルス液に漬け込みます。
  保存は瓶でもジップロックでもどちらでも!瓶の場合は要煮沸消毒です。
o 冷蔵庫で2日~2、3週間経ったころが食べ頃です。


* * ピクルスが漬かりすぎてしまったら 

o  細かく刻んでお好きなオイルとビネガー液を合わせてドレッシングに。
  酸味の効いた野菜とオイルはお肉やお魚とよく合います。
o  粗みじん切りにして、ごはんと混ぜればちらし寿司に。
  酸味と旨みを吸い込んだ野菜が、ちらし寿司のごはんの素になってくれます。



和の風味と根菜の滋味、ビネガーの酸味が
朝の身体をじんわりほぐして、すっきり目覚めさせてくれると思います。
ライ麦パンの素朴な風味が、和ピクルスの酸味と馴染んで
おいしく温かい組み合わせです。

どうぞお試しください。

次回は柚子味噌ディップのレシピを。



ささき



にほんブログ村 グルメブログ パン屋へ
にほんブログ村

パン・サンドイッチ ブログランキングへ
スポンサーサイト

| パンについてのお役立ち情報 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steinmetz1.blog.fc2.com/tb.php/146-32d52f16

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。