PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シュタインメッツのパンを食べる教室レポ(最終回) パンを使ったおやつ編

フルーツサラダ


パンを食べる教室レポ 朝食編①  ランチ編 ディナー編
長かったのですが
今回のおやつで終わりです。

どれもパンを簡単においしく食べる方法をご紹介していますので
なにかひとつでも、やってみたいなというアイデアがあれば幸いです。


ハイ、最後のパンを使ったおやつは
ライ麦パンを使った春のおやつ。


ゾネンブルーメンブロートの桜チーズスプレッド白いんげん豆の甘露煮苺のソース添えです。


IMG_3071.jpg

これも完成図の写真がなくて残念、終わってからのまかない写真になってしまいました。
実際にはここに桜の花の塩漬けも飾っています。


イメージは、苺大福のような感じです。
白いんげん豆を甘く煮て
桜の葉粉(というものが製菓材料店にあります)を混ぜ込んだクリームチーズスプレッドに
さっと煮た苺のソースと一緒に合わせています。

ライ麦パンの滋味深い素朴な味は、本当に和の食材とよく合います。
桜の葉の香りやいんげん豆との相性が抜群でした。
また、落ち着いたどっしりとした味わいが
チーズスプレッドや苺のソースをしっかり受けとめてくれていて
甘みを抑えたタルト生地のような役割をしていたと思います。

パンも、こういったアレンジでケーキに負けないスィーツになり得ることに
気付いて頂けるレシピじゃないかなぁと思います。



レシピを簡単に。


------------------------------------------------------------------


o 白いんげん豆は今回は水煮缶を使用。きび砂糖で炊き上げています。
  乾燥豆を使う際は、一日水戻しをしてから弱火で炊き上げます。
  たくさん炊いて、冷凍しておいてもいいですね。
o 苺のソースは、苺に好みの量の砂糖を入れて煮るだけ!
  火を止めるタイミングや砂糖の量は、好みや果実の熟れ具合によるのでお好みで加減してください。
  グラニュー糖を使うと苺の色がキレイに出ます。
  味にコクがほしいときは、きび糖など好みのブラウンシュガーで。
o 桜のチーズスプレッドは、桜葉パウダーというものがありますので
  これでお手軽に桜風味を楽しめます。酢飯に加えても、香りが良いと思います。
  クリームチーズに砂糖と桜葉パウダーを加えて混ぜるだけ。

o ゾネンブルーメンブロートに盛り付けて完成!

------------------------------------------------------------------



RIMG2312.jpg


教室では、これにブラジルのブルボン種ピーベリーのコーヒーを合わせました。
華やかな味わいのおやつを引き立てる、甘くて香ばしいコーヒーで
こちらも大好評でした。



いかがでしたでしょうか、ウェブ上『パンを食べる教室』。
少しでも、「なるほど、楽しそうだな」というアイデアがあれば幸いです。

またいつか、こんな食べ方を紹介できる機会が持てれば良いのですが
その際はまたコチラでご報告いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



ささき



にほんブログ村 グルメブログ パン屋へ
にほんブログ村

パン・サンドイッチ ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steinmetz1.blog.fc2.com/tb.php/154-dfa3717e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。